手軽に太陽光パネル・外壁のインフラ点検!ドローン赤外線撮影の作業フローや費用を解説 | ドローンの資格取得や技能講習・各種サービスなら|ばぁどドローン
      無料体験会 お問い合わせ       スクール
開催日
CM公開中

コラム

Column

手軽に太陽光パネル・外壁のインフラ点検!ドローン赤外線撮影の作業フローや費用を解説

ドローンでインフラ点検!赤外線撮影のメリット

ドローンを活用したインフラ点検、特に赤外線撮影による点検は、その手軽さと効率性で注目されています。一昔前まで、太陽光パネルや外壁の点検は、人が直接現場に足を運び、高所作業車や足場の設置が必須でした。しかし、ドローン技術の進化により、これらの手間や時間が大幅に削減されました。

ドローンは地上からの遠隔操作で高精度の赤外線画像を撮影できるため、太陽光パネルの故障箇所や外壁の損傷を迅速に把握できます。これにより、必要な修繕作業を的確に行うことが可能となり、結果的に全体的なメンテナンスコストの削減にも寄与します。ドローンを用いた点検方法は、時間とコストの節約だけでなく、従来の方法では見落としがちな細かな損傷も発見できるため、インフラ管理の質の向上にも繋がります。

太陽光パネル点検の流れ

準備作業:点検計画の立案

ドローンを使用したインフラ点検では、成功への第一歩として、入念な点検計画の立案が非常に重要です。この段階では、対象となる太陽光パネルや外壁の特性、規模、そして地理的な位置を詳細に分析し、点検に最適なドローンの種類や赤外線カメラのスペックを選定します。また、気象条件や周囲の環境も考慮に入れ、安全かつ効率的な飛行計画を策定することが求められます。

さらに、点検に関わるチームメンバー間で役割分担を明確にし、事故やトラブル発生時の対応プロトコルも定めます。

実施作業:赤外線カメラを使用した撮影

太陽光パネルや外壁の点検では、実施作業の核心部分である「赤外線カメラを使用した撮影」が非常に重要です。この工程では、ドローンに取り付けられた赤外線カメラを活用して、対象物の表面温度分布を捉えます。

撮影時、ドローンはあらかじめ設定されたルートを自動で飛行し、高精度な赤外線画像を連続して捉えます。このプロセスでは、太陽光パネルの微小な温度差や、外壁に生じた熱損失のエリアを正確に判別することが可能です。

赤外線画像は、異常な熱パターンを示すことで、隠れた問題点や損傷を明らかにします。例えば、太陽光パネルでは、過熱しているセルが発見されることがありますし、外壁では断熱材の劣化や水漏れによる熱損失が検出されます。

このように、赤外線カメラを使用した撮影工程は、インフラ点検における効率的で精密な診断を可能にし、後続の分析作業の基盤を築きます。

分析作業:撮影データの解析と報告

分析作業では、ドローンで撮影された赤外線画像を専門のソフトウェアを用いて詳細に分析します。このステップでは、太陽光パネルや外壁の隠れた問題点、例えば過熱している箇所や断熱不足が疑われる部分を特定します。分析結果は、潜在的な損傷や劣化の早期発見に役立ち、修理やメンテナンスの計画を立てる際の重要な情報源となります。

最終的に、分析結果は詳細な報告書にまとめられ、クライアントに提出されます。この報告書には、検出された問題の位置、推定される原因、および修理や改善のための推奨事項が含まれます。これによりクライアントは、より効果的で効率的なメンテナンス計画を立てることが可能になります。

外壁点検の流れ

準備作業:対象建物の事前調査

外壁点検をドローンを用いて行う際、事前調査は非常に重要です。この作業は、点検の効率性と安全性を高めるために欠かせません。

まず、対象建物の構造や材質を詳細に把握します。これには、建物の設計図や過去の修繕履歴の確認が含まれます。また、対象の建物周辺の環境も調査します。これにより、ドローンが安全に飛行できるかどうか、また特定の環境条件下で赤外線撮影が影響を受けないかを確認します。

次に、点検する範囲や重点的に見るべき箇所を明確にします。外壁のどの部分が損傷しやすいか、または特に注意すべきエリアがあるかも事前に把握しておく必要があります。

事前調査の結果を基に、最適なドローンの選定、赤外線カメラの設定、飛行経路の計画を行います。これにより、点検作業はよりスムーズに、かつ正確に実施できるようになります。

実施作業:可視光と赤外線の併用撮影

外壁点検における実施作業では、ドローンを使用して可視光と赤外線の併用撮影を行います。この工程は、建物の表面温度や損傷部分を詳細に把握するために不可欠です。

赤外線撮影では、ドローンに装着された赤外線カメラが建物の表面温度を可視化します。温度差を利用して、断熱材の損傷や水漏れなど、肉眼では見つけにくい問題点を特定できます。一方で、可視光撮影は建物の外観を詳細に記録し、後の分析作業で損傷部分の形状や大きさを正確に把握するために使用されます。

この併用撮影により、外壁の健全性を高精度に評価することが可能になります。

分析作業:詳細な損傷診断

外壁点検では、ドローンによる赤外線撮影後の分析作業が非常に重要です。撮影された画像データは、専門の分析ソフトウェアに取り込まれます。このソフトウェアは赤外線画像から温度差を検出し、外壁の隠れた損傷箇所や結露、断熱不良の可能性がある場所を特定します。

詳細な診断により、建物所有者は早期に問題を把握し、必要な修理やメンテナンスを計画することができます。これにより、長期的にはコスト削減にもつながります。また、この分析プロセスは時間効率が良く、従来の手法に比べて迅速な対応が可能になります。

ドローン赤外線撮影における費用相場

赤外線撮影の基本料金構造

ドローン赤外線撮影の基本料金構造には、いくつかの要素が考慮されます。主な料金構造は、撮影に必要な時間、使用されるドローンと赤外線カメラの種類、そして撮影地域のアクセシビリティによって大きく変動します。一般的に、料金は以下の要素に基づいて計算されます。

  • 【設備費】ドローンと赤外線カメラのレンタルまたは使用料
  • 【人件費】操縦士や技術者の作業時間
  • 【移動費】撮影地までの交通費
  • 【分析費】撮影データの解析にかかる費用

太陽光パネル点検の費用相場

太陽光パネルの効率的な運用と長期的な保全を目的として、ドローンによる赤外線撮影は非常に有効な手法です。この点検方法の大きな魅力の一つは、従来の手法に比べてコスト効率が良いことです。しかし、具体的な費用相場については、対象となる太陽光パネルの広さや位置、撮影に必要な詳細なデータの質によって変動します。

一般的に、ドローン赤外線撮影の費用相場は、以下のような構造を持っています。

  • 基本料金(飛行準備、設定など):¥20,000 - ¥50,000
  • 撮影単価(1haあたり):¥10,000 - ¥30,000
  • データ解析費:¥30,000 - ¥100,000

これらの費用はあくまで目安であり、具体的な見積もりはプロジェクトの規模や条件によって異なります。

外壁点検の費用相場

外壁点検におけるドローン赤外線撮影の費用相場は、点検する建物の大きさや高さ、撮影する範囲の広さによって大きく異なります。一般的に、小規模な住宅の場合、基本料金は約30,000円からとなることが多いです。しかし、大型の商業施設や高層ビルなどの場合は、その規模に応じて費用が増加し、数十万円に及ぶこともあります。

また、特殊な条件下での撮影が必要な場合や、詳細な分析を希望する場合は、追加料金が発生する可能性があります。ドローン赤外線撮影による外壁点検は、従来の人力による点検と比較して、作業時間の短縮や安全性の向上が期待できるため、コストパフォーマンスに優れた手法と言えるでしょう。

ドローン インフラ点検なら「ばぁどドローン」

会社名 株式会社NEXT MOTION
サービス名 ばぁどドローン
代表者 西原 徹
住所 〒680-1155 鳥取県鳥取市中砂見936 「トリノス神戸」(旧神戸小学校)
TEL
FAX 050-3453-5439
主要取引先
  • 株式会社旭テクノロジー
  • JDIC 日本ドローン産業事業共同体
  • 東洋エンジニア株式会社
  • ジェイエイアグリサービス株式会社
  • 株式会社ランドサイエンス
URL https://bird-drone.com/

CONTACT

お問い合わせ

ご相談、資料請求など、お気軽にお問い合わせください

お電話での受付時間は平日10:00〜18:00