ドローン操縦士になるための必須ガイド!国家資格・免許取得とスクール選びの費用を徹底解説 | ドローンの資格取得や技能講習・各種サービスなら|ばぁどドローン
      無料体験会 お問い合わせ       スクール
開催日
CM公開中

コラム

Column

ドローン操縦士になるための必須ガイド!国家資格・免許取得とスクール選びの費用を徹底解説

ドローン操縦士となるための国家資格概要

国家資格の種類と特徴

ドローン操縦士としてのキャリアを目指すにあたり、国家資格の取得は重要なステップです。日本では、ドローンを商用利用する際に必要な国家資格が定められています。この資格は、ドローン操縦の専門知識と技能を証明するものであり、安全な操縦と法規制の遵守を保証します。

主要な国家資格には以下のものがあります。

  • 【小型無人機操縦技能者認定】
    • 特徴:安全な飛行を行うための基本的な知識と技術を有することを証明。
    • 適用範囲:重量200g以上2kg未満のドローンの操縦に適用。
  • 【無人航空機操縦士(UAP)】
    • 特徴:より高度な飛行技術と、特定の条件下での操縦能力を要求される。
    • 適用範囲:2kg以上25kg未満のドローンの商用利用。

これらの資格を取得することで、ドローン操縦士としての信頼性が高まり、事業での活用範囲が広がります。また、安全管理や事故防止への意識が高まり、操縦士としての専門性が認められることにもつながります。

免許取得のメリットと事業への影響

ドローン操縦士の国家資格を取得することには、多くのメリットがあります。まず、資格を持っていることで、プロフェッショナルとしての信頼性が高まります。これは、ドローン撮影や点検など、特定の業務を請け負う際に非常に重要です。また、資格取得を通じて、ドローンの安全な操縦方法や法規制に関する知識が深まり、事故のリスクを低減できます。

さらに、資格を持つことで新たな事業機会への道が開かれます。例えば、ドローンを活用した新サービスの提供や、ドローン操縦教室の開講などが考えられます。このように、ドローン操縦士の国家資格取得は、個人のスキルアップはもちろん、事業展開への大きな影響をもたらす可能性を秘めています。

国家資格取得プロセス解説

資格取得のフローチャート

ドローン操縦士としての国家資格取得プロセスは、様々なステップに分かれています。このプロセスを簡単に理解するため、フローチャートを用いて説明します。資格取得の第一歩は、登録された講習機関での学習から始まります。

  1. 登録講習機関での学習
  2. 自学自習
  3. 試験申し込み
  4. 筆記試験・実技試験
  5. 合格・資格取得

自学自習は、講習で学んだことの復習や、未習得の知識を補うために重要です。その後、試験申込みを行い、筆記試験および実技試験に挑戦します。ここで合格すれば、ドローン操縦士としての国家資格を手に入れることができます。このフローチャートに沿って進めば、スムーズに資格取得を目指すことができます。

各ステップの詳細説明

国家資格取得プロセスの各ステップは、ドローン操縦士としての知識と技術を身につける重要な段階です。まず、登録講習機関での学習から始まります。ここでは、ドローンの基本的な操作方法や安全に関する重要な法規を学びます。多くのスクールでは実技と筆記の両方の指導を行っており、初心者から上級者まで幅広く対応しています。

次に、自学自習の方法と資料についてです。資格取得には、講習だけでなく自宅での学習が不可欠です。資料としては、講習機関が提供するテキストやオンラインリソースを活用し、試験に必要な知識の定着を目指します。

最後に、試験申込みから合格までのプロセスです。申込みは、指定された期間内に行う必要があります。試験は筆記と実技の両方があり、これらをクリアすることで資格が付与されます。合格後は、所定の手続きを経て、正式にドローン操縦士と認定されます。

このプロセスを経ることで、ドローン操縦士としての基礎を固め、様々な場面での活躍が見込めます。

費用についての完全ガイド

国家資格取得にかかる総費用

ドローン操縦士となるためには、特定の国家資格や免許の取得が必要です。これらを取得するためには、一定の費用がかかります。具体的な費用は、スクールや受講するコースによって異なりますが、一般的には以下のようになります。

  • 受講料:100,000円〜300,000円
  • 教材費:10,000円〜20,000円
  • 試験料:15,000円〜30,000円

合計で、約125,000円から350,000円の範囲内で国家資格取得のための費用が発生すると考えられます。この費用には、実技指導や模擬試験の受験料も含まれており、ドローン操縦士としての技術向上や知識の習得に必要なすべてのコストをカバーします。しかし、資格取得後の更新や維持に関わる費用は含まれていませんので、別途確認が必要です。

これらの費用は、ドローン操縦士として活動する上での初期投資と考えることができます。資格取得を目指す際には、この費用に見合うだけの価値があるかどうかを慎重に検討し、自身のキャリアプランに合わせた選択を行うことが重要です。

スクール選びの際の費用対効果を考える

ドローン操縦士スクールの選択において、費用対効果を考えることは非常に重要です。スクールによっては、授業料の差が大きく、提供されるコース内容やサポート体制も異なります。まず、各スクールが提供するコース内容を比較し、自分の目指す資格取得やスキルアップに必要な内容が含まれているかを確認しましょう。

次に、スクール選びで重要なのは、その後のキャリアサポートの有無です。例えば、資格取得後の就職や独立開業に向けた相談が可能なスクールでは、将来的なキャリア形成に役立つ可能性が高いです。費用だけでなく、コース内容やサポート体制を総合的に考慮し、自分にとって最も効果的なスクール選びを行いましょう。

助成金や補助金制度の活用方法

ドローン操縦士の国家資格取得には、それなりの費用がかかりますが、助成金や補助金制度を活用することで、経済的負担の軽減が可能です。各自治体や経済団体から提供されるこれらの制度は、条件を満たすことで、受講料の一部や全額が補助される場合があります。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 地域振興助成金:地域の産業振興を目的としたドローン操縦士の育成に対して、補助金が支給される場合があります。
  • 雇用促進助成金:企業が従業員をドローン操縦士として育成するための費用の一部を助成する制度もあります。

これらの制度を利用するには、申請手続きが必要です。各制度によって申請条件や手続きの流れが異なるため、事前に詳しく調べることが重要です。また、申請には期限がありますので、計画的に行動することが求められます。

利用可能な助成金や補助金制度については、自治体のホームページや、経済団体の案内、ドローンスクールのアドバイスなどを通じて情報収集を行いましょう。これらの制度を活用することで、資格取得の夢を経済的な負担を抑えつつ実現する手助けとなるでしょう。

ドローンスクールなら「ばぁどドローン」

会社名 株式会社NEXT MOTION
サービス名 ばぁどドローン
代表者 西原 徹
住所 〒680-1155 鳥取県鳥取市中砂見936 「トリノス神戸」(旧神戸小学校)
TEL
FAX 050-3453-5439
主要取引先
  • 株式会社旭テクノロジー
  • JDIC 日本ドローン産業事業共同体
  • 東洋エンジニア株式会社
  • ジェイエイアグリサービス株式会社
  • 株式会社ランドサイエンス
URL https://bird-drone.com/

CONTACT

お問い合わせ

ご相談、資料請求など、お気軽にお問い合わせください

お電話での受付時間は平日10:00〜18:00